Laravelのデバッグに関して

はじめに

Laravelでのデバッグ方法をあまり知らなかったので調べました。

参考

Laravelでのデバッグ作業 まとめ

laravelデバッグバーの導入

Laravelデバッグバー を使ったデバッグ方法

Laravelでのデバッグのやり方について(Logファサード編)

👆storage/*.logファイルに書き込む。

デバッグバーの導入

インストール

$ composer require barryvdh/laravel-debugbar --dev

※ Could not scan for classes inside “database/factories” which does not appear to be a file nor a folder のエラーが出たらdatabase/factoriesディレクトリを作る。

config/app.phpにサービス・プロバイダーの追加

'providers' => [
:
Barryvdh\Debugbar\ServiceProvider::class,
],

config/app.phpにファサードの追加

  'aliases' => [
        :
  'Debugbar' => Barryvdh\Debugbar\Facade::class,
  ],

.env

APP_DEBUG=true

サーバー起動して確認。

コントローラでのロギング

TopController.phpを編集

public function index () {
  $users = User::all();
  \Debugbar::info('$users='.$users);
  return view("index");
}

確認

変数の中身が確認できます◎めちゃ便利!!

備忘録

ReactのようないわゆるSPAのページ遷移などには反応しない??っぽい。

改めて検証していきたい!!

コメントを残す