Macの設定/環境構築まとめ

はじめに

普段Windowsを使っている僕がMacを使うにあたって調べたこと&設定したことをまとめておきます。

✅参考
WindowsユーザーがMacに乗り換えた時に理解しておくとよい情報

設定

✅マルチデスクトップ

ディスプレイの配置で変更可能

✅ライブ変換解除

[MAC]文字入力の自動変換を解除する2通りの方法

キーボードからライブ変換をオフに。

サイドカー

Sidecar がうまくいかなかったときに試したこと

 

ショートカットなど調べたこと

✅文字入力 参考 参考②

日本語:Control+Shift+Jキー

英語:Option+Shift+Sキー

日本語⇔英語:command + スペース

漢字の自動入力;ライブ変換オフ

✅マウスのスクロール 参考

システム環境設定⇒マウス⇒スクロールの方向:ナチュラル チェック外す。

※トラックパッドと設定は紐づいている模様。

✅ショートカットキー

参考:Win / Mac ショートカットキー操作

command spaceでspotlight

✅ショートカットファイル

command + option 押しながらドラッグアンドドロップ

✅ウィンドウを半分にする 参考

ショートカットキーはなし。

✅フルスクリーン解除 参考

「Control + Command + F」

✅スクショ

「Command +Shift + 3」

✅ブラウザの拡大縮小

command + 拡大

command – 縮小

✅文字変換

ひらがな ctrl + j
カタカナ ctrl + k
全角英数 ctrl + l
半角英数 ctrl + ;

MacでF7みたいにカタカナに一発で変換する方法(半角英数も)

📝その他

MacでDockを使用する

環境構築関連

✅Homebrewのインストール

https://brew.sh/index_ja

ターミナルで以下を実行

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"
$ brew -v
Homebrew 2.5.1
Homebrew/homebrew-core (git revision e949b; last commit 2020-09-19)

✅ターミナル

リンク

iTermをインストール

透過も超簡単に設定できる◎

✅Java6

リンク

🤔WindowsだとJava6はダウンロードするの大変なので便利ですね!※しかも64bitぽいし。

以下のスクリプトをスクリプトエディタで実行し、ダウンロードしたJavaファイルを選択。

set theDMG to choose file with prompt "Please select javaforosx.dmg:" of type {"dmg"}
do shell script "hdiutil mount " & quoted form of POSIX path of theDMG
do shell script "pkgutil --expand /Volumes/Java\\ for\\ macOS\\ 2017-001/JavaForOSX.pkg ~/tmp"
do shell script "hdiutil unmount /Volumes/Java\\ for\\ macOS\\ 2017-001/"
do shell script "sed -i '' 's/return false/return true/g' ~/tmp/Distribution"
do shell script "pkgutil --flatten ~/tmp ~/Desktop/Java.pkg"
do shell script "rm -rf ~/tmp"
display dialog "Modified Java.pkg saved on desktop" buttons {"Ok"}

java.pkgが生成されるので実行してインストール。

確認

% java -version
java version "1.6.0_65"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_65-b14-468)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 20.65-b04-468, mixed mode)

参考:【Tips】macOS CatalinaにApple Java 6を無理矢理インストールする方法

✅MySQL

homebrewの設定

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

インストール

$ brew install mysql@5.6
% brew list
mysql@5.6   openssl@1.1
% brew info mysql@5.6 // 環境変数など設定方法が記載されている。

以下実行

echo 'export PATH="/usr/local/opt/mysql@5.6/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc

.bash_profileの作成と追記

$ vim ~/.bash_profile
export PATH="/usr/local/opt/mysql@5.6/bin:$PATH"
export PKG_CONFIG_PATH="/usr/local/opt/mysql@5.6/lib/pkgconfig"

サーバー起動

% mysql.server start
Starting MySQL
. SUCCESS!

参考:[mac] Homebrewを使ってMySQL5.7をインストールして初期設定

VScodeの設定

日本語化 参考

✅xcodeのインストール

macOSだとXcode(Command Line Tood for Xcode)をインストールすればGitもインストールされる。

参考:【Mac】XcodeをまるまるインストールせずにHomebrewをインストール

XcodeそのものではなくCommand Line Tool for Xcodeをインストール

xcode-select --install

Homebrewのインストール(macOS用パッケージマネージャ) 公式

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

✅VSCodeの設定

Auto Save : after delay

ターミナル起動:control + shift + `

📝その他参考

0-4 Homebrewをインストール(macOSでは必須)

0-5 Laradockによる開発環境構築(Mac編)

Laradockの環境構築

環境構築の参考 参考

エラー

ERROR: for laravel-sns_nginx_1 Cannot start service nginx: Ports are not available: listen tcp 0.0.0.0:80: bind: address already in use
ERROR: for postgres Cannot start service postgres: Ports are not available: listen tcp 0.0.0.0:5432: bind: address already in use

http://localhostにアクセスしてValetが反応していることが判明。

Valetの設定を停止する。参考

※当時これでインストールした気がする。参考

valetの停止

valet stop
Stopping php@7.2...
Stopping nginx...
Valet services have been stopped.

nginxは起動した

Starting laravel-sns_nginx_1 ... done

postgreSQLの停止をする。参考 参考②

解消されない。

ローカル Mac で PostgreSQL を起動したり停止したり

pkill postgres

解消されない。。。

PostgreSQLをアンインストールする 参考 参考

ローカルの場合

open /Library/PostgreSQL/12/uninstall-postgresql.app //  バージョンは各々

その後GUIが起動するのでentire applicationを選んで削除。

homebrewでインストールした場合

brew uninstall postgresql
Uninstalling /usr/local/Cellar/postgresql/12.1... (3,217 files, 36.9MB)

設定ファイルなどの確認

ls -l /usr/local/var/postgres

設定ファイルなどの削除

rm -rf /usr/local/var/postgres

アプリ制作

プロジェクト作成

docker-compose exec workspace composer create-project --prefer-dist laravel/laravel . "6.8.*"

localhostアクセスでLaravel画面確認する。

コントローラー作成

docker-compose exec workspace php artisan make:controller ArticleController

データベース作成

docker-compose exec workspace psql -U default -h postgres
default=# create database larasns;

larval/.envの編集

DB_CONNECTION=pgsql
DB_HOST=postgres
DB_PORT=5432
DB_DATABASE=larasns
DB_USERNAME=default
DB_PASSWORD=secret

マイグレーションファイルの作成

docker-compose exec workspace php artisan make:migration create_articles_table --create=articles

マイグレーションの実行

docker-compose exec workspace php artisan migrate

ロールバック

docker-compose exec workspace php artisan migrate:rollback

モデル作成

docker-compose exec workspace php artisan make:model Article

※ここまでで一章。

PostgreSQLの中身も同期されていることが確認できる。

http://localhostヘアクセスで確認もできた◎

おわりに

キーボードもショートカットも統一してほしい~~

徐々に慣れていきたいと思います。

とりあえずDockerの環境構築はMacの方が断然楽だ。。。笑

コメントを残す