Play Frameworkの環境構築をしてみた

はじめに

Play Framework 2徹底入門をブックオフで安く手に入れたので試しにやってみました。

注意点としてはターミナルをCMDでやること!!(Git Bashだとパスの互換性がないっぽいです)

✅参考

https://www.playframework.com/documentation/ja/2.2.x/HomePlay 2.2 ドキュメント

リリースリスト(公式)

【環境構築編】Play frameworkでさく×2Webアプリ開発

Play framework開発セットアップ(Java)

👆play 2.1.1&Windows環境下

SBT 0.13を利用したいが、Mavenリポジトリが404の場合の対応方法

👆Java 7やScala 2.9は完全にサポートが終了しているらしい。。。

環境構築

✅プロジェクト生成まで

書籍では2.2.xがサポート対象なので公式から2.2.1をダウンロード。

展開して適当なディレクトリに配置。

環境変数を設定。

C:\play-2.2.1

確認

$ which play
/c/play-2.2.1/play

確認②

C:\Users\chonm>play help
_
_ __ | | __ _ _ _
| '_ \| |/ _' | || |
| __/|_|\____|\__ /
|_| |__/

play 2.2.1 built with Scala 2.10.2 (running Java 1.6.0_45), http://www.playframework.com
Welcome to Play 2.2.1!

These commands are available:
-----------------------------
license Display licensing informations.
new [directory] Create a new Play application in the specified directory.

You can also browse the complete documentation at http://www.playframework.com.

プロジェクト生成

C:\mydev\play>play new sampleapp
       _
 _ __ | | __ _ _  _
| '_ \| |/ _' | || |
|  __/|_|\____|\__ /
|_|            |__/

play 2.2.1 built with Scala 2.10.2 (running Java 1.6.0_45), http://www.playframework.com

The new application will be created in C:\mydev\play\sampleapp

What is the application name? [sampleapp]
>

Which template do you want to use for this new application?

  1             - Create a simple Scala application
  2             - Create a simple Java application

> 2
OK, application sampleapp is created.

Have fun!

起動

C:\mydev\play>cd sampleapp
C:\mydev\play\sampleapp>play run
[info] play - Listening for HTTP on /0.0.0.0:9000

http://localhost:9000/にアクセス

※「play run」コマンドは初回、時間がかかる&errorの文字が出てきて若干焦るが、問題なく動いた。

✅Eclipseを使う

設定ファイルの生成

C:\mydev\play\sampleapp>play eclipse
[info] Loading project definition from C:\mydev\play\sampleapp\project
[info] Set current project to sampleapp (in build file:/C:/mydev/play/sampleapp/)
[info] About to create Eclipse project files for your project(s).
[info] Successfully created Eclipse project files for project(s):
[info] sampleapp

play_eclipseディレクトリを作成しEclipseのワークスペースにする。

ワークスペースにインポート
※「ファイル」→「インポート」→「一般」→「既存プロジェクトをワークスペースへ」→作成したプロジェクトを選択→「完了」

✅VSCodeで使う

CMDから「play run」するだけどサーバー起動可能◎

🙄Playの場合は、コマンド一発でサーバー起動できるのでEclipseよりVSCodeの方が使いやすいかもしれない。

テンプレートの編集

index.scala.htmlを編集

@(message: String)

@main("Welcome to Play") {

    <!-- @play20.welcome(message, style = "Java") -->

    <h1>Hello World</h1>

}

確認

おわりに

JavaフレームワークをVSCodeでサクサク扱えるのはいいですね◎

JSP/サーブレットを使用せず、ビュー側も比較的簡単にいじることができました。

これで少しはJavaの勉強が捗ればうれしい。。。!!

ただ、Play自体を深掘りする時間があるくらいなら、既習済みのRailsを深掘りしたい気がする。。。笑

躓いた点※備忘録

✅newできない

→Git Bashで実行していたことが原因だった。コマンドプロンプトだと普通に実行できた💦
※おそらくファイルバスの記述方法が違うため。

参考:JDK6.0のダウンロード、インストール

①JAVA_HOMEの修正(※不要だった)

$ play new sampleapp
/c/play-2.2.0/play: line 70: C:\Java\jdk1.6.0_45\bin/bin/java: No such file or directory

playファイルを確認するとところどころJAVA_HOMEに依存してる感じが見受けられる。

if [ -z "$JAVA_HOME" ]; then
  JAVA="java"
else
 JAVA="$JAVA_HOME/bin/java"
fi

システム環境変数でJAVA_HOMEの編集

- C:\Java\jdk1.6.0_45\bin
+ C:\Java\jdk1.6.0_45
+ C:\Program Files (x86)\Common Files\Oracle\Java\javapath

②sbtがないと言われる (※不要だった)

参考:Play2系でplayコマンド実行時にsbtが無いと言われる場合の対処法

$ sbt -version
module not found: org.scala-sbt#sbt;1.2.8

sbt1.2.8のインストール 参考

解凍&適当なディレクトリに移動しsbtのパスを通す

C:\sbt-1.2.8\sbt\bin

確認

$ which sbt
/c/sbt-1.2.8/sbt/bin/sbt

コメントを残す