MacでRailsの環境構築

はじめに

Macを購入したので久しぶりにRailsを触ってみよう!(Windowsより楽なはず!!)ってことで環境構築してみました。

✅参考

現場Rails(書籍)

☝️すでに若干情報が古くなってしまっているので要注意。。。

【完全版】MacでRails環境構築する手順の全て

環境構築

Xcodeのインストール

※どうやらXcodeがないとNode使うときやらいろいろ支障が出る模様。参考

※12GBくらいある💦驚き!!

リンクより落としたら、以下コマンド。

$ xcode-select --install // ここでXcodeインストール促されるのでインストールすべし
% xcode-select -v
xcode-select version 2373.
$ xcodebuild -version // xcode入ってないとエラーになる
Xcode 12.2
Build version 12B5018i

※さらに自分の場合はXcode-betaをインストールしてしまったので、アプリ名をXcodeに変更しアプリケーションディレクトリに移動>下記コマンド実行 参考

% sudo xcode-select -s /Applications/Xcode.app/Contents/Developer

Homebrewのインストール

※ぐぐればすぐできるので割愛

確認方法

% brew doctor
Your system is ready to brew.

rbenvのインストール

※Rubyのバージョン切り替えを容易にする。

% brew install rbenv ruby-build
% echo '"export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
% echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
% rbenv -v
rbenv 1.1.2

※教材ではbashrcに記載しているがターミナルに依存するので注意。自分は.zshrcでした。

Rubyのインストール

% rbenv install 2.5.1
% rbenv global 2.5.1
% rbenv versions
system
* 2.5.1 (set by /Users/satomasaru/.rbenv/version)
% which ruby
/usr/bin/ruby
% vim ~/.zshrc

.zshrcに追記

[[ -d ~/.rbenv  ]] && \
  export PATH=${HOME}/.rbenv/bin:${PATH} && \
  eval "$(rbenv init -)"

ターミナル再起動

% which ruby
/Users/satomasaru/.rbenv/shims/ruby
% which gem
/Users/satomasaru/.rbenv/shims/gem

※のちに2.5.7インストールしてローカル(作業ディレクトリ)でセット。

※後述のRailsインストールなどにもgemが使われるためここでパスがrbenv仕様になっていないと後々大変(知らず知らずのうちにローカル汚してる)なので要確認!!

% rbenv install 2.5.7
% mkdir sampleapp
% cd sampleapp
% rbenv local 2.5.7
% rbenv rehash // 適用
% ruby -v
ruby 2.5.7p206 (2019-10-01 revision 67816) [x86_64-darwin19]
% which ruby
/Users/satomasaru/.rbenv/shims/ruby

RubyGem(Gemパッケージ管理ツール)の活用

% gem update --system // Rubyの最新パッケージを使えるよう確認
% gem -v
3.1.4

Bundler(プロジェクトごとのバージョン管理ツール)のインストール

% gem install bundler -v 1.17.3 // version2.0.1以降は厄介らしい
% bundler -v
Bundler version 1.17.3

Railsのインストール

% gem install rails -v 5.2.3
% rails -v
Rails 5.2.3

Node.jsのインストール

% brew install node
% brew install nodebrew // 後々のこと考えてバージョン管理したいのでnodebrewで。
% nodebrew setup
Fetching nodebrew...
Installed nodebrew in $HOME/.nodebrew

========================================
Export a path to nodebrew:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================
% nodebrew install-binary v6.10.1
% nodebrew ls-remote //インストール可能なバージョン確認
$ nodebrew install-binary stable //安定版のインストール
% nodebrew ls
v6.10.1
v14.11.0
% nodebrew use v6.10.1
use v6.10.1
% nodebrew ls // 設定を確認できる
v6.10.1
v14.11.0

current: v6.10.1
% echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.zshrc
// パスを通す
% node -v // ターミナル再起動で確認できる◎
v6.10.1
% npm -v
3.10.10

データベースのセットアップ

% brew install postgresql
% postgres -V
postgres (PostgreSQL) 12.4
% brew services start postgresql
==> Successfully started `postgresql` (label: homebrew.mxcl.postgresql)
% psql postgres
psql (12.4)
Type "help" for help.

postgres=#

プロジェクト生成

# Railsアプリ作成(gemのインストールはスキップ)
$ rails _5.2.3_ new . -d postgresql --skip-bundle
$ vim gemfile
gem 'rails', '5.2.3' // バージョン固定するように編集
$ bundle install --path vendor/bundle
$ bin/rails -v // ローカルとグローバルでズレがないことを確認。
Rails 5.2.3
% which bin/rails
bin/rails
% rails db:create
Created database 'sampleapp_development'
Created database 'sampleapp_test'
% rails s // サーバー起動

http://localhost:3000/へアクセス

躓いたところ

①Xcodeインストールせずにいたためxcode-selectが実行できず

→インストールで解決

②gem updateできない

参考:gem installでpermissionエラーになった時の対応方法

→システムのRubyを利用しているためっぽい。

% ruby -v
ruby 2.6.3p62 (2019-04-16 revision 67580) [universal.x86_64-darwin19]
% rbenv versions
  system
* 2.5.1 (set by /Users/satomasaru/.rbenv/version)

※iTermはbashからzshになったらしい。というよりmac OS Catalinaからとのこと。参考

% echo $SHELL
/bin/zsh

③Railsコマンドが打てない

% gem install rails -v 5.2.1
% rails -v
Rails is not currently installed on this system. To get the latest version, simply type:

※ここでエラー💦

参考:無限 Rails is not currently installed on this system. 問題の調査

% hash -r
% which rails
/Users/satomasaru/.rbenv/shims/rails
% rails -v
Rails 6.0.3.3

コメントを残す