Sourcetreeの使い方まとめ

はじめに

以前、Gitコマンドについて学んだのでSourcetreeも使ってみました。

Gitの基本まとめ

Sourcetreeの利用

Sourcetreeとは

GitをGUIで操作できるソフトウェア。

使い方(流れまとめ)

①ローカルリポジトリの作成

②指定したフォルダ内にファイルを作成

③masterブランチにコミット

④ブランチを作成。

④ブランチへコミット。

特定のブランチにコミットしたい場合、ブランチをダブルクリックで○を移動。

この切り替えをチェックアウトと呼ぶ。

⑤移動の確認

ブランチを移動するとローカルリポジトリの内容も変わることが確認できる。

⑥樹形図の発生

masterブランチで更にブランチを作成。コミット。

masterブランチから2つ以上分岐すると樹形図が発生する。

⑦ファーストフォワード方式のマージ

masterブランチへチェックアウト。

マージボタンを押してtest3を選択して実行するとHEADが移動する。

⑧オートマージ方式のマージ

test2_2を選択してマージの実行。

枝分かれしていた樹形図が合流する。

※オートマージではマージ先のブランチmasterにマージしたというコミットが追加される。

⑨リモートリポジトリとの連携

githubでリポジトリを作成してURLをコピー。

Sourcetree側の設定からリモートリポジトリを追加する。

⑩プッシュ

masterブランチを選択してプッシュ。

origin/masterが追加される。

github上でも反映されていることが確認できる。

ちょび
企業ではGitHubを活用して作業報告していたりするみたい!

⑪プル

注意
一人で試しているのでプルではなくクローンを試します

新たなローカルリポジトリをCloneで作成します。

GitHubのURLを貼り付けてクローン。

変更履歴含めた情報が取得されています。

ちょび
このあとmasterブランチでコミット。その後もともとのローカルリポジトリでファイルをコミットしたらエラーが発生。プルで最新の情報(cloneで作成したファイルを反映)を取得してからプッシュしたら成功した。また、ローカルリポジトリからリモートリポジトリのmaster以外のブランチ(HEAD)へプッシュしたところ、GitHub上でもブランチが2つになっていた。が、マージの方法がいまいちわからずステイ。リモート側は基本originでbranch増やさないほうが良さそう。変更はcommitsで確認できるし。

おわりに

少し、Gitの仕組みを理解することができた。

基本はローカルリポジトリで完結。制作進捗系の記事にソースコードを貼る場合のみリモートリポジトリを活用(コミットのリンク貼り付け)すればOKだと思った。

やっと共同制作する際に活用される理由が掴めてきた。

参考

Bitbucketサポート パスワードを追加する

 

コメントを残す