VSCodeでGitBashとPowerShellを切り替えて使う

はじめに

先日VSCodeのデフォルトのターミナルをGitBashにしたのですが、これだとBundleコマンドが使えないなどたまに不自由することがわかったので切り替えられるようにしていきます。

✅参考

vscodeで複数のシェルを切り替えながら使う方法

デフォをGitBashにする

設定

→検索窓でterminal.integrated.shell.windows

→setting.jsonに以下追記でGitBashになる。

"terminal.integrated.shell.windows": "C:\\Program Files\\Git\\bin\\bash.exe",

※以下余談

GitBashだと動かないコマンド問題

参考:Git Bashにさらにコマンドを追加する方法

bundleがGitBashでできない問題。

👆上記を見るとGitBashにコマンド追加はひと手間かかりそう。。。なので、そのほかの楽な方法を考えていきます。

切り替える

拡張機能でShell launcherを入れる。

setting.jsonで以下追記。※パスは各々

"shellLauncher.shells.windows": [
    {
        "shell": "C:\\Windows\\sysnative\\cmd.exe",
        "label": "cmd"
    },
    {
        "shell": "C:\\Windows\\sysnative\\WindowsPowerShell\\v1.0\\powershell.exe",
        "label": "PowerShell"
    },
    {
        "shell": "C:\\Program Files\\Git\\bin\\bash.exe",
        "label": "Git bash"
    },
    {
        "shell": "C:\\Windows\\sysnative\\bash.exe",
        "label": "WSL Bash"
    }
]

コマンドパレット(ctrl+Shift+p)でShell.launcher: Launchをクリック。

起動すると以下のように選択できる。

ショートカットで使えるようにする。

参考:Visual Studio Codeで簡単にショートカットキーを変更する方法

ターミナルはデフォルトでCtrl+Shirt+@なので@の隣のCtrl+Shift+[で起動できるようにしました。

おわりに

少しVSCodeが使いやすくなった◎

※VSCode単体で書籍が出ているだけあってカスタマイズ性は半端ないな~(まだ知らないことばかり)

コメントを残す